必見!肌に大事な保湿、その方法お教えします!

だいたい毎日のようにスキンケアを入念に行い、肌本来のポテンシャルを引き出し、いつか生まれたままの素顔でも人前で物怖じしない自信を持ちたいと希望します。敏感肌のスキンケアを実施する際には、お肌が乾燥しないように、十分な保水が大事です。保湿するためにはいくつかの方法があります。保湿にいい化粧水やクリーム等が多く揃っていますし、メイク用品にも保湿の効果が高いものがあります。保水能力が高いセラミドが入っているスキンケア商品を使うのも良いでしょう。美容によい成分をたくさん含んだ化粧水や美容液等の使用により、保水力を高めることができます。美しい肌を作るにはコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸等が含まれた化粧品がなによりです。血流をよくすることも大切なため半身浴で体をあたためたり、ストレッチや適度な運動を行うことにより血の流れを良くしましょう。

多くの女性が抱えるお肌の悩みが「シミ」です。シミの要因は様々ありますが、主な原因として日焼けなどによって、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡もシミの原因の一つです。「ちょっとそこまでだから何もしなくていいかな」と思わず、きちんとUV対策をすること、普段よりスキンケアに力を入れると、これ以上シミが増えないようにする効果があるのです。UV対策やスキンケアの他に、食生活やサプリによって健康な肌作りには欠かせないビタミンCを摂取することも有効なシミ対策です。

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、お肌の内部からきれいになり、シミを作らないために大事な役割を果たしてくれます。ただ、食べ方には注意しましょう。朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

たとえ同量の紫外線を浴びたとしても、肌に出来てしまうシミというのは人それぞれです。簡単に言うと、シミができやすい肌があるわけです。詳しく言いますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。簡単な見分け方は、日焼けした時にヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。美肌というものは、とても繊細なものだといえます。メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。特にわかりやすいところは目の下でシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またなかなか去りませんから、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが加齢と共になくなると、これがもれなくシワとして表れてきます。顔に限定しますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

また、愛好家の多いコーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれる成分であるカフェインは、シミの一因になるとも言われています。広範囲にシミを広げてしまったり、長年に渡ってカフェインを摂りすぎるとそうでない人よりも色素沈着が進行しやすい体質になってしまいます。それに、緑茶に含まれる成分であるタンニンもシミにはよくないと言われる成分ですので、シミで困っている方は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。